北星社
〒668-0061 兵庫県豊岡市上佐野1620
TEL0796-22-4141 FAX0796-29-2246
丹波布に魅せられたひと
丹波布に魅せられたひと
四六判 184頁
[本体価格1800円+税]
ISBN978-4-939145-35-3 C0039
書店様、注文書をダウンロードしてご利用ください 注文書(PDF)ダウンロード

紙書籍版 hotoネットストアでこの本を探す
アマゾンでこの本を探す

電子書籍版 アマゾンでこの本を探す

吉田ふみゑが2011年9月から北星社ウェブサイト「コラム」に連載していた「丹波布に魅せられたひと 足立康子さん」に最後のエピソードを付け加えた完成版。

前作『うめさんからの贈り物』から5年。
吉田ふみゑの第2作

国の重要無形文化財である「丹波布」は民芸運動の中心人物・柳宗悦によって名付けられた。兵庫県の山間の村、丹波の佐治で「しまぬき」と呼ばれ、明治の半ば頃まで盛んに織られていたが、紡績糸の出現や機械織機に押され、すっかり廃れてしまい、昭和初期には「幻の布」と呼ばれるようになっていた。足立康子さんは、嫁ぎ先の蔵の中で「天保六年の縞帳」を見つけ、そのモダンな縞に魅せられる。昭和29年、佐治の有志は丹波布復興協会を結成し復興丹波布を織り上げること成功する。そして、康子さんたちがその技術を習得することにより丹波布は復興を実現した。しかし、せっかく復興を実現できてもそれを後世に伝えることができなければ、また消滅してしまう。なかなか現れない継承希望者、高齢化する復興実現当時の仲間たち、そんな困難の中、康子さんは、58年間、復興した丹波布の古法を守り、技術の保存と継承に力を尽くした。その努力はやがて実を結び、夢の丹波布伝承館がオープンする。

本書は、先人から受け継いだ復興丹波布の技術を何とかして後世に残そうとする足立さんたちの必死な姿をドキュメンタリーで伝え、また、国の無形文化財に指定された丹波布の特徴や魅力、丹波布と丹波木綿の違いなども説明する。

推 薦
日本民芸協団
兵庫県民芸協会
社団法人日本綿業振興会
プロフィール
歴史民俗誌「サーラ」編集長
姫路文連姫路文化賞受賞
著書に『うめさんからの贈り物』

目  次

発刊に寄せて
プロローグ
1  出会い
2  初めての訪問
3  幻の丹波布
4  丹波布
5  足立康子さんのこと
6  丹波布の復興
7  綿屋の康子さん
8  「審美眼」の康子さん
9  復興から保存へ
10 丹波布の高下駄の歯
11 丹波布と丹波木綿
12 糸紡ぎの魅力
13 古法を守ってこそ
14 丹波布技術伝承教室
15 丹波布伝承館オープン
16 無形文化財「丹波布」を守る
17 美しい布と共に
18 天保の縞帳と生きる
あとがき